容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

3月の釣り

  1. 2010/03/20(土) 16:43:41|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:15|
  4. コメント:72
瀬戸内の3月の釣りは、水温の低下が厳しくて、さぞかし厳しい釣りになると予想する人も多いだろう!

しかし、実は、メバルが好ポイントの瀬戸内は、この時期、でかい目んタマの巨大メバルが釣れる時期でもあるのである!(エッヘン)

船から釣るのがオススメだが、案外近場の波止にもいる。
湾奥の石積みで、潮の通しが余りよくないポイントを夜狙う。

意外と、こう言う場所にでかいメバルは着いているもので、メバリングやエサ釣りでも連れたりする。


実は、丸秘ポイントがあるが・・・


ウェブで公開はどうしよう・・・

磯、フカセ釣りの妙味。

  1. 2009/08/29(土) 01:53:44|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:14|
  4. コメント:13
海釣り。特に磯釣りはハマります。

釣りとしての面白さ。釣れた魚の格別に美味しい事。

これらが、主たる要因です。



釣り師しか味わえない釣った魚の味は、本当に皆様に味わって頂きたい

味なのですね。



しかし今回は、食べる方ではなくて釣る方のお話です。

さて、磯で釣りをするスタイルの一つにフカセ釣りというものがあります。

5m程度の長さのある竿に150m程の糸を巻いたスピニングリールをセット

して玉ウキあるいはドングリのような形をしたウキを通します。

餌を潮の流れになじませる為に、円錐形の小さなシモリを通し、ハリスを

直結して、針を結ぶ。



仕掛けは至って単純なのです。



しかし針を海に投げ込み、ウキを眺めていても魚は先ず掛かりません。



つまり、餌の付いた針を潮に乗せるには海面に仕掛けが着水する順番が

決まってくるわけです。

先ずは針、そしてウキが順番に着水するように投げます。

このときサミングと言って、ウキが着水する一瞬手前で、糸の出を抑える

のです。

若干竿先から針先までの糸が直線になるようなイメージをもって針もウキ

も着水させる事が必要なのですね。

サミングすれば一瞬、糸が張ります。張ってそれぞれが順番通り着水しま

す。



そして、スカサズ逆の手で撒き餌をシャクで海面に撒く。

その辺りに先ほど投げたウキが来るようにリールを巻いていきます。

このとき完全にウキと針は竿先を出発点として一直線上に並んで海面を

漂うわせるイメージをもちます。

そして、糸の緊張を餌が潮に馴染んでユックリ沈み込む分、緩めてやるの

です。

この加減が難しいのですね。

上手く行けば、撒き餌と針に付いた餌は同調してほぼ同じ速度と方向をも

って移動します。



ウキは暫くして海面よりやや沈み気味になり、針が潮に馴染む様子が判

ります。



このウキがイキナリ海面下にけし込む様に見えなくなる時、本命が餌に喰

らい付いた事になります。

また、ウキが引っ張られているのですが、中々沈み込まない時は往々に

して、アジやサバが喰らい付いたと判断できるわけです。

実際、サバが食いついたらウキは右へ左へと、かなりのスピードで動き回

ります。



一概にはそのように言えないところもありますが、大まかに説明しますと

そのような状態で釣りは始まります。



磯釣りは奥が深い釣りです。

上述はダイジェストもダイジェスト。本当に簡単なごく一部の説明にしか

過ぎません。



といいますのも、獲物の大きいものを釣る事。数を多く釣る事と言う事にな

りますと竿さばきのルーチン、ラインメンディング(投げた糸の操作)や潮

の状況、風向き、海底の状況、トラブルからの短期脱出テクニック、撒き

餌との同調や餌取をかわす方法、海全体のジアイ、釣った獲物を網に入

れるまでの作業、etc。



これらの事に精通すればするほど、その釣果はハッキリ現れて参ります。



釣り場は釣り易い釣り堀のような施設ではありません。

周りは危険が一杯。波も波シブキも港や波止とは趣が違います。

自然真っ只中での釣りです。



それらも相まって、磯での釣りはハマってしまえば虜になってしまいます。



初心者の当方は、幸いにもプロフェッショナル・アングラー・ガッツ師匠

の同行のもと、数回の釣り行きで釣果に恵まれました。



磯フカセは本来難しい部類の釣りなのですが、師曰(いわ)く「誰でも釣

れるヨ。変な事さへしなければネ。」



当方変な事ばかりしているそうで、筋は最悪との評価。

しかし、その御言葉にもメゲズ、厚かましくも、師匠を釣り行きのお抱え運

転手のように過酷に扱い、しかも磯上でも“変な事”して世話を焼かせ、そ

れでも尚何かしらの獲物をもって帰れる磯のフカセ釣り。



そんな当方にとって如何にも贅沢な釣りなのですね。<(_ _)>

今、呑ませが面白い!

  1. 2009/08/13(木) 08:12:53|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:601
今、豆アジやイワシがワンサカ寄って来てます。


この次期、呑ませ(泳がせ)釣りを楽しむなら絶好の

好機到来でしょう。


手元に伝わる魚の動き。

突然襲い掛かる青物のひき。


竿も道糸の何時もより大きめに設定してイザ釣り場へ!



夏です。入道雲と海風。

  1. 2009/07/31(金) 09:20:46|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
夏は海の季節です。

ウォーターフロントは真夏の入道雲がお似合い。

釣りなら早朝や夜釣りも楽しめます。


神戸沿線には小さな漁港や波止、それ以外にも

ショッピングや公園も海の近くにありますね。


釣具屋さんで道具とエサを買い込んで手軽に楽しめる

季節です。


少々本格的にとお考えならば海釣り公園も週末なら

夜8時までOK。


夜釣りを楽しめる季節でもあります。



色々な釣りを愉しもう。

  1. 2009/07/14(火) 12:12:00|
  2. 釣り|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
神戸須磨方面での釣りは、釣法が豊富ですね。

サビキ、投げ釣り、フカセ、カゴ、ブッコミ、ノマセ、etc。

魚種も結構豊富です。


こらから夏休みにかけて、海釣り公園や波止は街中に比べると
風も吹いていて、気温も低めです。

ちょっとした避暑にもなること結構あります。

しかし、日焼けにはご注意。

釣って楽しい食べて新鮮・美味しい釣りは止められないのです。

DTIブログって?

次のページ